ふかぼりMTG|マジック:ザ・ギャザリング深掘りブログ

マジック:ザ・ギャザリングのスタンダードフォーマットを"ふかぼり"するブログです

《永遠神バントゥ》は《波乱の悪魔》を出してれば気持ちよく全部生け贄できるのでは?!

灯争大戦の《永遠神バントゥ》なんともコンボ向きなデザインで「神話レアカード」ならぬ「神話ネタカード」で終わると思っていたが、相性のいいカードが見つかりました!

 

《波乱の悪魔》と《永遠神バントゥ》

波乱の悪魔
永遠神バントゥ

 

《波乱の悪魔》は誰かが1つパーマネントを生け贄に捧げると1点ダメージを飛ばせるデビル。3/3/3とそれなりのスペックですが、生け贄に捧げる機会ってあんまりない?能力が活きるときがあるのか?!

そんなときに《永遠神バントゥ》ですよ。「望む数のパーマネントを生け贄に捧げ」ることができます。こいつなら、土地もぜんぶサクれます

 

《波乱の悪魔》が場にいるなら、もうぜんぶ捧げちゃってもいいですね(笑)

赤黒のラクドスカラーで組んで、序盤はアグロで相手のライフを削りつつ、トドメにバントゥだして全サクりで相手にドカン!!とできたら最高に気持ちよさそう。

 

なお《永遠神バントゥ》が場にでたとき、《波乱の悪魔》も一緒に生け贄にしちゃって大丈夫です。《波乱の悪魔》自体も、《波乱の悪魔》と一緒に生け贄にしたパーマネントも、1点ダメージにできます!(《波乱の悪魔》の誘発型能力は、みんな一緒にスタックに乗るからね)

 

《波乱の悪魔》が2体いたら1枚で2点

波乱の悪魔
波乱の悪魔
永遠神バントゥ

 

《波乱の悪魔》が2枚いる状態なら、パーマネント1つにつき2点!

土地5つと《波乱の悪魔》2つでまずは7つ→14点。

このコンボを決める前に6点は攻撃か火力で減らしておきましょう。

 

ラクドスアリストクラッツ

生け贄に捧げることをキーにしたデッキをアリストクラッツといいます。

《波乱の悪魔》《永遠神バントゥ》のコンボを入れたラクドスアリストクラッツを組んだらすごく楽しそう。

もともと赤黒には《真夜中の死神》とか《脚光の悪鬼》、《災いの歌姫、ジュディス》がいますからね。

並べて殴ってサクって勝つ!!

災いの歌姫、ジュディス
脚光の悪鬼
真夜中の死神

 

白をタッチして《放浪者》《戦慄衆の指揮》コンボを一緒に狙うのも楽しそう。

《波乱の悪魔》と《永遠神バントゥ》のコンボが失敗しても、《戦慄衆の指揮》コンボが決まれば《波乱の悪魔》も《永遠神バントゥ》も場に戻せるのでコンボが決まります(笑)

mtg.hateblo.jp

【関連記事をチェック!】《放浪者》と《戦慄衆の指揮》の全墓地全リアニするコンボがすごい!!リミテッドでかましたらもう勝確でしょ

 

灯争大戦の関連記事をチェック!

mtg.hateblo.jp

mtg.hateblo.jp

mtg.hateblo.jp